神社巡りで運気改善、ぶらり参拝ついでに神社にまつわるあれこれ話をあつめてきました.

鳥居をくぐったらそこは別世界だった?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは
めぐる@神社めぐりナビゲータです

神社にいくとまず目に付くのは鳥居ですね。
遠目で見てなんとも変わった建造物だと思います。

形状から
「神明(しんめい)系」と「明神(みょうじん)系」
の2種類にわけられるそうで
前者は縦柱と横の木がかなり直線的。

新明型鳥居
後者は曲線的な笠木の下に二本の横木を
明神型鳥居
わたした形が特徴。

実は鳥居の起源についてはいろいろな説があり
ほんとうのところはよくわかっていないらしいです。

鳥居は、そこをくぐると
神様のおられる領域にはいりますよと示していて
そこから先は神域ですから
ペットの動物の立ち入りを禁止しているところも
多いと思います。

大きな神社では大鳥居、一の鳥居、二の鳥居と
たくさんの鳥居がありますが、奥に行けば行くほど、
その場所の神聖な度合いがあがるというように
聞いています。

稲荷神社などでずらっと並んでいる小さな鳥居は
奉納されたものでちょっと不思議な妖の世界への
入口という感じですね

鳥居の向こう側は、もう別世界ということです。

めぐる@神社めぐりナビゲータは鳥居をくぐって
神社参拝できないときには
せめて鳥居の前で、軽く一礼しています

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 神社めぐりズム , 2013-2018 All Rights Reserved.