神社巡りで運気改善、ぶらり参拝ついでに神社にまつわるあれこれ話をあつめてきました.

神社手水舎・ちょうずや柄杓・ひしゃくの使い方

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは

めぐる@神社めぐりナビゲータです

ぶらり散歩で神社をお参りさせていただくときでも
やっぱり欠かせないのは
手水舎(ちょうずや)で手水をつかうということです。

こんなに寒い季節には、手を水で洗い清めるというのは
かなりつらいものがあるのですが
神社では、神道が「お祓い」ということを大切にしているので
これはかかせません。

たいがいの手水舎は石の手水鉢に水がいっぱいにたたえた
状態で、柄杓(ひしゃく)が用意されているところが
多いです。

これは神前への参拝に先立って心身を清める施設で、
ここで手を洗い口を滌ぎます

順番としては次のように
やれば間違いないと思います
1.右手で柄杓(ひしゃく)を取る。
2.水を汲み上げ左手にかけて洗う=>左手を清める
 (一杯の水で作法を最後まで行います)。
3.柄杓を左手に持ちかえ、右手を洗う。=>右手を清める
4.再び柄杓を右手に持ちかえて、左の手のひらで水を受ける。
5.受けた水で口をすすぐ(柄杓に直接口はつけないで)
6.左手をもう一度軽くすすぎ、柄杓を立てつつ水が柄にかかるよう
 流して洗い清めて柄杓を元の位置に戻す。

よく、水を口に含んで吐き出す程度でいいのに
うがいをしたりする人もいらっしゃいますが、あれは
やりすぎです。

それと水は最小限度量でも十分両手を洗い清め、
口をゆすげますから
エコにも気を使って要領よくやりましょう

せっかく手水をつかい洗い清めたのですから
手や口を拭うハンカチは
きれいなものを用意しておく
といいですよ

そういえば、寒川神社などでは、
手水をつかったあとは半紙を頂いて、手を拭い
半紙を捨てていますからね

食事の時に使うハンカチと別のきれいなものを
用意しておいて使うのがベストじゃないでしょうか

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 神社めぐりズム , 2013 All Rights Reserved.