神社巡りで運気改善、ぶらり参拝ついでに神社にまつわるあれこれ話をあつめてきました.

受験のときは神頼みあなたも知っている天神さま

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんばんわ

めぐる@神社めぐりナビゲータ です

天神さまは皆さんにもなじみが深いと思います

天神さまは、平安時代に活躍した菅原道真公を
おまつりする神社です。

学生時代を思い出すと
受験の時はとにかく神頼みということで
近所の天神さんを参拝された経験があるかたも
多いのではないでしょうか

道真公は英知に秀でていたことから、
学問の神さま(学問成就・合格祈願)として
信仰を集めています

東京では湯島天神さんが有名ですね。

道真公は平安時代の学者で、京都で右大臣という位まで
上りましたが、当時の実力者であった藤原氏の陰謀で失脚し
遠く大宰府(現在の福岡県太宰府市)に左遷されて
失意のうちに59歳にして亡くなりました。

ちなみに亡くなったのは誕生日と同じ2月25日だそうです。

そして菅原道真は大宰府へ出発する前に
自宅の梅の木を眺めて
次の和歌を詠んだことが伝えられています

「東風(こち)吹かば 思い起こせよ 梅の花
            主無しとて 春を忘るな」
  (春の風が吹いたら咲いて香りを届けておくれ。
  梅の花よ、主人が居なくなっても春を忘れないでくれよ)

めぐる@神社めぐりナビゲータは
国語でならったのか歴史でならったのか
定かではなくなりましたがこの歌をなぜかよく覚えています

無念のうちに九州で亡くなった菅原道真のなきがらを
運んでいる牛車が途中にあった「安楽寺」の前で
突然動かなくなります。

その場にいた
菅原道真の弟子 味酒安行(うまさけのやすゆき)は
仕方なく遺体をその場に埋めて祠を建て、祀ることにします。
これが北九州にある 太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)
の起こりだそうです。

菅原道真公は死後、天変地異を起こしたり、
関係者にことごとく取り憑いて祟ったりする
強力な怨霊となったと伝えられていますが、
このような怨霊を「御霊(ごりょう)」と言います。

京都にはこの御霊を鎮めるための神社や寺院が数多く存在し
中でも有名なのが「上御霊神社」と「下御霊神社」です。

道真公が亡くなった後、そういった事情で
京の都でもお静まりいただくために
手厚くおまつりしたのが、
北野天満宮の始まりだということです。

当初の「北野天満宮」は「学問の神様」としてではなく
むしろ「御霊」「雷神」として祀られていました。
つまり北野天満宮 や 太宰府天満宮 は菅原道真の
御霊を鎮めるために建てられた神社
という性格であったわけです。

天神さんで
「どうか『○○校』と『××校』と『□□校』にも合格
出来ますように」などと調子に乗って
書いてある絵馬を見かけると
本命はせめて1コだけにしとかないと、
これじゃ道真公のお怒りに触れてしまうのではと
心配になるのは私だけでしょうか

●今日の神社●
湯島天満宮は
東京メトロが便利ですね
梅の季節はかなり混雑もします
東京メトロ①湯島駅 (千代田線) 3番出口徒歩2分ほど
東京メトロ②上野広小路駅(銀座線) 徒歩5分ほど
東京メトロ③本郷3丁目駅(丸の内線) 徒歩10分ほど
JRなら ④御 徒 町 駅(山手線・京浜東北線)徒歩8分ほど
都営地下鉄⑤上野御徒町駅(大江戸線)A4出口 徒歩5分ほど
[所在地] 〒113-0034
東京都文京区湯島3-30-1

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 神社めぐりズム , 2013-2018 All Rights Reserved.